Loading...

お仏壇のお洗濯

お仏壇の活かせる部品は活かしつつ、全面的に洗浄や修繕・修復を行うことをいいます。
長年お使いの仏壇は、虫食いがあったり、スス等の汚れが溜まったりしている場合があります。それらが簡単な掃除・修繕では解決できないとき、お洗濯の必要性が出てきます。

解体・洗浄
手作業にて丁寧にお仏壇を解体し
一つ一つ丁寧に、手洗いを行います
dscf0964-300x225
dscf1098-300x225
ya
木地の修理
虫食い部分等、木地の修復をします。ここでしっかり悪い部分を取り替えるとまだまだ100年以上御使用いただけます。 dscf1964-225x300
ya
塗りの修理
小さな虫穴や傷の部分は堅地で埋めて修復します。
下地を仕上げて漆をかけます。
仕上げ漆をかけます。
dscf1562-300x225
金箔押し換え
細かい部分まで金箔を押したり金粉を蒔きます。 dscf15641-300x225
ya
金物のメッキ
金物に青錆がういています。金物は全て取り外して、
金か消メッキで仕上げます。
dscf0879-225x300
ya
組み立て
 年数を重ねた彫物の色が落ち着いた感じになっています。 dscf2461-300x225